鳥好き鳩派: bird freak team pij

鳥の事や、日々の驚き、発見についてのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニタニタ

また長い事サボっておりました。
ジョン君は私を見る目つきが変わって来た物の相変わらず私の事が嫌いです。
元気になり40センチ位の所ならジャンプで上れるようになりました。(スゴイ!)
ひとりぼっちで寂しそうなジョン君にお友達がもうすぐ迎えに行くからねと約束したのは約1ヶ月前。週末にやっとトトちゃんとチビちゃんをつれて帰ってきました。チョコちゃんは嫁入りしたので獣医さんの所に残り、クレちゃんはなんと恐ろしく立派になっていて(伝書級)しかも見えなかったはずの目が今は見えているとのこと。以前ほど人懐っこくなくなっており、リハビリをして外に出すべきかもう少し様子を見ながら検討して行こうという事になったのでまず、トトちゃんとチビちゃんだけという事になりました。トトちゃんもチビちゃんも手を出すと乗ってくれます。覚えててくれたのかなあ? 
トトちゃんとチビちゃん大好き! 今日職場のオッサンに週末に何かいい事あったんでしょ?顔見て分かると悟られた。ずうーっとニタニタ。
IMGP4719.jpg
トトちゃん
IMGP4720.jpg
チビちゃん
IMGP4721.jpg
ジョン君。相変わらず不機嫌です。

ジョン君

また長い事サボったダ。引っ越しだの何だのでいそがしくて。。。
みんなを迎えに行くまえに、拾ったダ。ハトよ。
もう3週間になりますね。
翼に怪我をした鳩さんを3週間前に保護しました。新しい土地で鳥を診察できる獣医さんがみつからず、手術が必要な状態だったので一か八かで一応鳥の診察経験もあるという動物病院にいった。手術は成功したが(右の翼の第2関節(?付け根より一つ先)から先を失いました。)ソノウやら糞検査が出来ないし処方された抗生物質とその投薬量が間違っていた。しかも痛み止めもくれない。慌て以前お世話になっていた獣医さんに連絡をして薬と痛み止めを送ってもらったダ。 検査をする為に顕微鏡を購入しました。分からない事だらけで皆様に助言を求めながらお世話をしています。大分元気になって来たと思ったら昨日から急に体調を崩している。不安だらけです。ジョン君と名付けたけど、おそらく女の子。頑張れジョン君。元気になってくれ!
IMGP4714.jpg

怖い顔をしていますが、いつもはもっとかわいらしいです。

誰かさんの嫁入り

もー鳩がいないとブログをサボる。
IMGP4657.jpg
IMGP4661.jpg

みんながいないので写真は通勤路。街というか村を2つ超え、こんな田舎道をずーっと行ってまた村を一つ超え,国道チョロっと通って出勤します。家から10キロぐらいです。自転車通勤中です。ここ2、3週間恐ろしく暑くで(39度とかなっとった)汗だくで出勤。汗だくで帰宅。もう常に汗だく。今日は少し涼しいのだが雨。雨の中のチャリはあまり好きでない。

実は、先週末からちびっ子達がリハビリを始めました。面倒を見ていてくれた方が2羽とも健康で元気で外に出たがっていたのでリハビリをしてリリースをした方が良いと思い決断した事です。寂しいけれどそちらの方が2羽には良いのだろうと思う/思おうと思う。お外で元気に自由に飛び回ってほしいです。ちなみに人間を怖がらない事が心配だったピッパも人が来ると警戒して距離を置くようになったそうです。良かった。

実はもう一つお知らせが。何と、チョコちゃんが嫁入りしました。相手は居候先の住人(住鳩って言うんかい?)で、でかい方。そうですキングピジョンさんです。キングさんは他の鳩達をいじめるのが問題だったそうですが,チョコちゃんとくっついてからおとなしくしているそうです。チョコちゃんとトトちゃんとチビちゃんを獣医さんの所に預けに行った時既にキングさんチョコちゃんにまっしぐら。一目惚れですね。チョコちゃんふくよかだから同類と思ったのでしょうか?ということで、チョコちゃんは獣医さんがしばらく預かっていたいそうです。みんなを迎えに行くときまでに破局していなかったらまずトトちゃんとチビちゃんとクレちゃんの3羽を迎えに行く事になります。9月の終わりか10月のはじめに迎えに行けるとよいなあと思っています。

写真が無いけど近況報告です

みんながいなくなってからブログを更新する機会がありませんでした。話題が無い。
昨日が新しい職場の仕事始めで今日既に出張。まずは3週間だって。上司が鳩達の事を覚えててくれてなるべく私が心地よく仕事を出来るようにしたいと言ってくれた。早く鳩達を迎えに行けるようにしてください。お願いします。
ところで、今日、私の乗らなければ行けない電車出発間際に駅で具合の悪そうな子を見つけてしまった。保護の道具も時間もなく泣く泣くその子をその場に置いて行く事になりました。罪悪感で一杯です。誰かに保護されていてほしい。勝手な考えよね。実に嫌な気持ちです。こういう場合はどうしたら良いのだろう?

ところで話ががらりと変わりますが、ちびっ子達、特にピッパはまるで人を恐れないそうです。居候先でお世話をしてくれている人にも怖がらず、怖がるどころか戦いを挑んで来るそうです。なので野生復帰は難しいんじゃないか?と言われてしまいました。ピッパちゃん。。。
トトちゃん、チビちゃん、チョコちゃん、クレちゃんは獣医さんの所でな良い子にしているらしいです。獣医さんの所のキングさんがチョコちゃんの事が気になってしょうがないらしく求愛しまくっているそうです。獣医さんの所に連れて行ったときからそうだった。キングさん一途ですね、4羽とも雌だけどチョコちゃんを選んだのはやはりふくよかで自分に似ているから?? 

鳩がいないので写真がありません。残念。

ちぴっこ達

火曜日にちびっ子達とお分かれになりました。お別れの日に2羽が肩に乗ってきました。自分から私の上に留まったのは初めてです。祖比てしばらく肩の上で遊んでいました。もう家には一羽もいません。寂しいです。ちびっ子達を引き取ってくれた人がちびっ子達をこれからどうしたいかは私次第だといっていました。リリースするか迎えに行くか。悩んでいます。決断できるまでは彼女が面倒を見てくれるそうです。リリースをしたいとおもっていたのですが、2羽とも警戒心があまり無い。あとは私の心の問題。病気、怪我、天敵と。外は厳しい。外でやって行けるか心配。愛着もある。どうしよう。考えて結論がでるものなのか??

IMGP4641.jpg
ドアの隙間から脱走のチャンスを伺うピッパとピッパにつられてドアの向こうを見るピップ。脱走をするのはいつもピッパ。ピップもピッパの後に付いて行くから結果的に脱走した事になる。

IMGP4646.jpg
後ろから2尻

IMGP4647.jpg
横からはこんな感じ。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。