鳥好き鳩派: bird freak team pij

鳥の事や、日々の驚き、発見についてのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっちゃん元気でね!/Adios Hattchan, amigo.

今日はっちゃんをリハビリをしてくれる方の所へ連れてゆきました。
はっちゃんとお別れをしました。寂しいです。途中電車の中で泣きかけました。でもはっちゃんのためにはこれで良いのですよね。
リハビリをしてくれる方はとても良い人です。昨日トトちゃんを獣医さんに連れて行った時に、この方も獣医さんにいたので、はっちゃんの担当の獣医さんと3人ではっちゃんについて(主に舌がない事について)お話をしました。昨日合っていて既に良い人だと分かっていたので、安心して連れてゆく事が出来ました。春のリリースが目標で、飛べるようになる事はもちろんきちんといろいろなサイズのえさが食べれるようになるか、しっかり見てくれるそうです。餌をうまく食べれるようにならない場合はリハビリ施設で飼ってもらえるそうです。。野生に戻れる事がはっちゃんにとって一番幸せな事だけれど、もし戻れなかったとしても、この方の家の庭にある広い施設の中で飼ってもらえる方が狭い室内より全然良いですよね。はっちゃんせっかくここまで頑張ったのだからしっかり幸せに生きていってほしいです。

トトちゃんは今日も相変わらず可愛いかったです。私がはっちゃんに餌を足してあげたりしていると鳴いていました。焼きもちなのかなあ?そうだったら可愛いな。

I took Hattchan to the rehab person. I said good by to him... I miss him... I was almost gonna cry in a train on the way to go there. But it's all good for him, right?
The rehab person was really nice. I met her yesterday at th vet when I took Toto to the vet. And we spoke about Hattchan with Hattchan's vet (mainly about his not having a tongue). I know her already so I could bring Hattchan without any worries. She said that she is gonna pay attention if he can eat good, variety of corns. If he can eat good and fly good, she will release him into the wild in spring. If he is not eating good,then she is gonna keep him in her rehab station. If he can be released into the wild, that's the best for him, but if not, it is still better for him living in a large aviary than in a small room. He made it up to here. He deserves a happy life!

Toto is as sweet as usual. He was calling when I was adding some food for Hattchan. Did Toto jealous? that's sooo cute!!
IMGP1584.jpg
気になる。what's going on?

IMGP1587.jpg
やっぱり気になる。WHAT'S GOING ON??

IMGP1589.jpg
IMGP1590.jpg
バサバサバサーっと。Flap Flap Flap.

IMGP1594.jpg
夕日に当たるはっちゃん。Hattchan at sunset

IMGP1602.jpg
こんな手、踏みつけてやる。I hate this freaking hand. Step on it!

IMGP1603.jpg
はっちゃん、ついに手乗り? いいえ。敷物をきれいにしている所を踏まれました。本人人間の手の上に乗っていると分かってないと思う。全然どこうとしなかった。おかげさまでバスに乗り遅れました。Is he getting used to me? Hell no. He accidentally stepped on my hand while I was cleaning up his cage. I didn't think that he even knew that he was stepping on human's hand. He didn't get off. Because of this, I missed my bus.

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

はっちゃん頑張った!/well done Hattchan!

今日はトトちゃん体重が2グラム減ってた。でも昨日3グラム増えて過去最高体重(421グラム!)だったところからの2グラムマイナスなので良し。はっちゃんは10グラム増で過去最高体重の436グラム!餌まみれ作戦大成功!
今日、はっちゃんを連れて検査のために獣医さんにいって来ました。はっちゃん治療終了です。はっちゃんの肉付き具合と、元気の良さをみて、自分で食べてこれだけ肉がついて来て元気になってきているので、これなら自然に帰れると言われました。飛ぶ練習をさせなければいけないのでリバピリをしてくれる人を知っているか聞いた所、非常勤で獣医さんの所で働いている人(この人も獣医さん)が野鳥のリハビリをしていて、鳩のリハビリもしているそうなのですが、現在リハビリ中の鳩が沢山いて、はっちゃんを受け入れられるか分からないので、この人が出勤して来る明日、獣医さんに電話をしてはっちゃんのリハビリをしてもらえるか聞く事になっています。受け入れてもらえると良いな。 はっちゃんも早く広い所に出たいだろうし。あーでも良かった。元気になってくれて嬉しいです!獣医さん、はっちゃんを最初に見た時、この子は助からないかもしれないし、もし助かったとしても自然には帰れないだろうと思ったそうです。私、ドイツ語はへたくそだけど、その雰囲気が分かって、(ドイツでは自然に帰れない子達は生きられる可能性があっても基本的に安楽死です。)とっさに先の事を考えず、『野生に返れない場合には私の監督の大学教授が研究室で飼育したいと言っていた。』と言ってしまったのですが、言って良かったです。(教授は野鳥の飼育をする権利を持っている人で、本人は鳥を飼育する気はないけれど、私が面倒を見る気があるのなら野鳥を保護した時には獣医さんにそう言って良いと言ってくれています。)
獣医さんに良く頑張って世話をしたと誉めてもらったけれど、私一人の力ではどうにもなりませんでした。 親身になってアドバイスをしてくれたやーと@伊勢の山本様や、pij-n-angels の方々、そして応援してくださったコロさん、そらさん、その他の方々本当にどうもありがとうございます!本当に嬉しいです!!!

Toto lost 2 g, but he gained 3 g yesterday (by the way that was the mix weight for him 421g!) So, I guess it's OK. Hattchan gained 10g and it is his max weight, 436g! Giving him hell a lot of food was a big success!
I took Hattchan to the vet to check if everything is OK. He is done with his treatment! The vet said since he was putting on his weight & getting this much stronger without formula feeding, he could be released into the wild. He need to practice flying. So I asked her if she knew someone who could let him rehab in a large aviary. She told me that one of her colleague was doing rehab for wild birds and she also took some pigeons. But at this moment, she has lots of pigeons and may not have enough room for Hattchan. She is coming to the vet tomorrow (BTW she is also a vet) so i am supposed to call the vet tomorrow and ask her is she can take Hattchan. I hope it works out. I am sure that Hattchan wants to go out from his small cage asap. Anyhow, I am really happy to know that he can be released in to the wild!
When the vet saw Hattchan for the 1st time, she thought he was not gonna make it or, even if he could make it, he wouldn't be able to be released into the wild. I am not so good at German language but I felt what she was saying/thinking. (In Germany they usually put wild animals into sleep if the animals has no chance to be released into the wild even-though, they have chances to live in the captivity.) So I said to her "My supervisor, a prof. in ornithology at an university, wants to have the birds if the bird has no chance to be released into the wild " without thinking about what to do later on. (my supervisor can have wild birds legally. and he told me that I can say such a thing to a vet if I was willing to take care the bird.) Thank good I said it.
The vet said I did really good job taking care of him. But I could not have done it by my owen. I really thankful to all these people who gave me kind advices, and who cheered me up all the time. THANK YOU SOOO MUCH! I am soooooooooooo happy!!!
IMGP1452.jpg
IMGP1453.jpg
ところで、はっちゃん、尾羽が少なくないですか? 獣医さんに新しい物をはやす目的で折れた羽、ブチブチ抜かれました。BTW, Hattchan has less tail feather doesn't he? The vet pulled all broken feathers, to let him have new ones


今日はトトちゃんの写真を撮り忘れたので、パッケージがカワイイ(?)薬の写真です。チェビタ社のクロラムフェニコル(トトちゃん用)、同じくチェビタ社のチェビコル (はっちゃん用。パッケージが変わって新しいものは鳩の絵が大きめ。)そしてヤンセン社のスパートリクス(トトちゃんとはっちゃん両方の命を救いました。)最後にとんでもない虫対策スプレー(トトちゃん用に買った物で、インセクトショッカーと書いてありますが,鳩ショッカーでもありました。このスプレーをしたあと、トトちゃん、半日以上餌を食べませんでした。多分匂いがいけないのだろうと思う。しかも効き目なし。その後、獣医さんで別のスプレーをもらいました。)(I forgot to take Toto's picture today. So Today is... pictures of cute(?) drugs Chlotsm-phenicol-N from Chevita (for Toto), Chevi-col from Chevita (for Hattchan. They changed the package. New one has larger picture) Spartrix from Janssen (saved both Toto & Hattchan's life) And shitty anti bag spray (I bought it for Toto at a pest store. It is written "insect shocker" but it was also a "pigeon shocker" Toto could not eat anything more tha half day after applying this spray on him. I think the smell was the problem. Plus it didn't work well. I have got a new spray from Toto's vet)
IMGP1457.jpg
IMGP1461.jpg
IMGP1462.jpg

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

大暴れです。問題です。/big time rampage

はっちゃん、昨夜から今朝にかけて良い糞をしてくれていました。ものすごく嬉しかったです。
今日も自分で餌を食べていたんだけど、なんか今日は食べていた事よりも暴れていた事の方が多かったように思える。というか、確実に大暴れを何度もしていた。 ケージの中、薄暗くしてあるけど、でも興奮するようです。 真っ暗にするとおとなしくなるけど、そうしたら餌を食べれないし。。。夜寝かす前(今日は昨日より早く、夕方の6時頃就寝。本当はもう少し長く起こしておいて餌をもうちょっと食べてもらいたかったんだけど、暴れるだけで一向にえさを食べる気配がなかったので。。。もう外は真っ暗だし、朝は明るくなって来たら起こしているから良いでしょう。)に敷物を交換したんだけど、その時に糞をチェックしようと思ったら、すべての糞が踏みつぶされた上に蹴散らかされていて、チェックは無理でした。 とりあえず固体糞のようです。 糞チェックは朝だな。
今日ちゃんと食べてくれたかは明日の朝の糞を見れば分かるバズよね? 今朝みたいに良い糞をしてくれることを願います。(ソノウを触っても、慣れていない物で、あんまり感覚がよくわかりません。トトちゃんにも触らせてもらったけど、いまいちです。)
今日は 待望のはっちゃんの写真です。

Hattchan made good poops during last night. That made my day!!
He was eating today as well, but I had a feeling that is jumping around more often than eating... He was jumping around often. Inside of his cage is dim, but he gets excited time to time. If I keep him in completely darkness, he clams down but them he cannot eat... I changed his paper shortly before I let him goes to bed, (He went to bet bit earlier than yesterday. Around 18:00. I wanted to keep him awake bit longer so that he can eat bit more, but he was only jumping and didn't look like he was gonna eat some. So, I let him goes to bed. It's already dark out side, plus, he was awake since the sunrise. It would do, right?) I wanted to check his poops but all the poops were squashed... Only thing I could say was, all the poops were solid. I guess morning is the time for poop check.
I should be able to see if he was eating good today from his poops in tomorrow morning. Please make good poops again! (I am not confident about crop feeling. I cannot tell if he was eating good or not by touching his crop. I touched Toto's crop to compare , but still no go.)
Finally the picture of Hattchan
IMGP1313.jpg
IMGP1314.jpg

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

はっちゃんが帰ってきました。/hattchan is back

すみません。 拍手コメントの返事の仕方がまだつかめていません。(やーと。@伊勢の山本様が御丁寧にもやり方を教えてくれたのですが。。。管理画面の『拍手コメント』を見つけきりませんでした。パソコンだのテクノロジー系に極弱です。またあした再度探してみます。
さて、はっちゃんですが、今日迎えにいって来ました。 獣医さんがあれからもう一度トリコモナスの塊を取り除いてくれたそうです。 トリコモナスはだいぶ落ち着いて来たのですが、はっちゃんかわいそうに、やはり舌はダメだったので切除したそうです。(その際に血が1滴も出なかったそうです。完璧に死んでいたようです。)野生に戻れるか難しくなってしまいました。一応自分で餌を食べてはいるのですが、食べれる餌と食べない餌があります。トトちゃんの場合は単なる好き嫌いだけれど、はっちゃんの場合は舌のせいで食べれる餌と食べれない餌がある様に思えます。食べている物を足してあげるとまた食べます。麦を一番良く食べています。次によく食べるのは麻の実。舌がないのに慣れていろいろな種類の餌を食べれるようになれば野生に戻れるようになるのだろうけれど、どうなのでしょう。せっかく助かったのだから出来る事ならば自然に帰してやりたいです。 時間はかかるかもしれないかれど、あきらめずに頑張りたいと思います。 頑張れはっちゃん!(はっちゃんは十分頑張っていると思う。)はっちゃん、外が見えると暴れます。 猫用のキャリーの中で過ごしてもらう事を獣医さんに勧められたので、猫用キャリー、買ってきました。 出入り口を壁側に向けています。
トトちゃんはなるべく外の鳩達が寝ている時間に寝てもらうため、夕方6時には小屋に入れ,小屋にカバーをかけています。はっちゃんもそうしようと思ったのですが、暗くなり始めてから徐々にえさを食べ始めたので寝かせたのは夜の9時です。寝かせる前にひと暴れしていました。夜中に暴れられて水をこぼされるとめんどくさい事になるので、水入れは外に出しました。
ところで、トトちゃん、ここ2、3日餌箱に留まるようになりました。そこに留まられると餌の中に糞が落ちるんですけど。。。

Hattchan is back! His canker is getting a lot better, but there is a problem. Hattchan lost his tongue... The vet needed to remove it cuz it was totally dead. She said when she removed it from Hattchan, he didn't bleed at all. (yep. it was dead...) It is not easy to release him into wild... He is eating some corns but there are some corns he can eat and some corns he cannot eat. Toto picks some corns because he is picky but Hattchan, I think it because of his tongue. Poor one. Hattchan eats wheats the most and hemp seeds the second. If he can get use to his not having tongue and can eat everything, he may be able to be released into wild... Since he saved his life, I would really love to release him into wild if it would be possible. It may gonna be a long way to go, but I do not want to give up. Keep it up Hattchan (I am sure that he is doing his best) Hattchan rampages when he can see outside. the vet suggested me to keep him in a cat carrier. He is in a cat carrier.
I want Toto to sleep when the other pigeons outside are sleeping. So, I put him back in the cage, over his cage with a blanket by 18:00. I wanted to do the same thing to Hattchan, but he started eating little by little when it was getting dark outside. He finally went to bet at 21:00. He rampaged just before he went to bed.

BTW, these 2,3 days, Toto is perching on hid food box often. If he perches on it, his poops droop into his food box...

IMGP1306.jpg
IMGP1305.jpg
IMGP1308.jpg

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

第6章。生きてます!!/ chapter 6 He is alive!!!

はっちゃんが生きています!!!
獣医さんに電話をした所、まだまだ病気だけれどすこしづつ良くなって来ているそうです。良かった。ほっとした。
やっと食欲が出てきました。(私のね。)鳩ダイエット終了。はっちゃん保護してから痩せたと思う。頬がこたもん。 頬こけないで腹がへこんでくれた方が良かったんだけどね。世の中そうはうまく行かない物です。
はっちゃんだけれど、口腔内の傷口がまだ開く恐れがあるので入院をもう2日延ばす事を勧められたので、お願いする事にしました。はっちゃんの治療費は食費を削ってなんとかします。間接鳩ダイエット。
あーでもほんと、良かった。 金曜日に獣医さんに電話をしてお迎えにいけるか聞く事になっています。
今日もトトちゃんの写真とったよ。今日はタンスの上とスーツケースの上。
タンスと壁の間の暗い所が気になるらしく覗き込んでます。今日はタンスの上に敷いた紙が邪魔して出来なかったけど、隙間の頭を突っ込んで覗き込みます。

Hattchan is alive!!!!!!!!!!

I spoke to the vet on the phone. She said he is still ill but getting better little by little. Oh my goodness. I am so relieved. My appetite came back. No more pij-diet. My cheeks sank in a bit since I rescued Hattchan. It would have been a lot better if my belly became smaller instead of my cheeks. I guess life is not that easy...
Back to Hattchan. His scar is not cured yet. So, she said it would be better if she could keep him for 2 more days. I took her suggestion.
I will save up money by spending less for food and use that money for Hattchan's medical fee. Indirect pij-diet.

I took some pictures of Toto today again. He was on the wardrobe and on the suitcase.
He was interested in the little space between the wardrobe and the wall. The paper on the wardrobe is on his way today, but often, he sticks his head between the wall and wardrobe to check what's there.
IMGP1296.jpgIMGP1295.jpgIMGP1290.jpgIMGP1289.jpgIMGP1288.jpgIMGP1287.jpg


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。